2010年09月03日

豆腐カレーどんぶり

〈元となる材料・2人分〉
・木綿豆腐 ・・・・1丁
・にんにく ・・・・1片
・牛ひき肉 ・・・・80g
・しめじ ・・・・1パック
・にら ・・・・2本
・カレールウ ・・・・2片(40g)
・コンソメスープ ・・・・200cc
・醤油 ・・・・大さじ1杯
・オリーブ油 ・・・・大さじ1杯
・ご飯 ・・・・お茶碗に軽く1杯程度(約120g)

〈下準備〉
・木綿豆腐は、約3cm角に切っておきます。
・しめじは、根元を切ってほぐしておきます。
・にらは、約3cmの長さに切ります。
・にんにくは、みじん切りにしておきます。
・固形コンソメ1つを水200ccで溶きます。
・カレールウはとても細々と細かく砕きます。

〈作り方〉
(1)フライパンにオリーブ油をひき、あたたまったらニンニクを入れ、ニンニクの香りが出てきたら、ひき肉、しめじを入れて炒めます。
(2)さらに、はじめにしっかりと支度して、準備しておいたコンソメスープとカレールー、醤油をさらに加えます。
(3)(2)がグツグツと煮立ってきたら豆腐をさらに加えて火をスムーズに通します。
(4)ニラをさらに加えてさらに1分ほどグツグツと煮たら、あたたかいご飯にしっかりとかけてめでたく完成です♪ 今回のダイエットレシピは豆腐としめじをとても上手く使い、活かして使用してボリューム感たっぷりな一品にしあがりました♪ 豆腐としめじでお腹いっぱいの満腹感を得て、とりこみ、取り入れることができるのです。
したがってご飯をなるべく控えることができるのがダイエットレシピならではですね!! 豆知識や見識です。
しかし、豆腐にはよくご存知の通り、大豆が原料となっています。
しかし、大豆の食物繊維以外の栄養素が、少なからずあります。
そして大豆よりも取り入れ、吸収されやすく、胃のとても強くない方も効き目や効果や効率よくたんぱく質を摂取できるのです。
他にもがんや動脈硬化、糖尿病などの予防をするとても一生懸命に働きも、少なからずあります。
そしてさらに夏バテや胃をとても強くするとても一生懸命に働きが、少なからずあります。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:59| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半熟卵のビネガーソースかけ

120カロリーと低カロリーのダイエットレシピで、しかも10分以内にササッと作れちゃいます。
とても上手く使い、活かして使用し切れなかった食材をとても上手く使い、活かして使用し切りたいときにもオススメのダイエットレシピです♪
そして酢は、あまった脂質が皮下脂肪としていっぱいたまっていってしまうのを防いでくれたり、悪玉コレステロールをバラバラに分解するなど、積極的にとても上手く使い、活かして使用していきたいもののひとつですね。
豆知識や見識です。
しかし、今回とても上手く使い、活かして使用する酢はワインビネガーと言って、ブドー酢のことを言います。
ワインビネガーは日本ではあまり上手く使われ、活かして使用されていませんが、世界的にはワインビネガーのほうがとても上手く使われ、活かして使用されているのです。
ワインビネガーは従来の酢よりもすっぱい味の酸味がとても多いので、現代の日本人は塩分を取りすぎていると言われているので、塩・醤油・味噌などの塩味に代わることのできる健康調味なのです。

☆元となる材料(2人分)☆
・卵 2個
・パセリ(みじん切り)   適した分量

【ビネガーソース】

・タマネギ   1/6個
・セロリ    1/4本
・にんじん    1/4本
・にんにく    1/2片
・ワインビネガ   大さじ3
・オリーブ油    大さじ1/2
・塩、コショウ    少々

☆下準備☆
タマネギ、セロリ、にんじん、にんにくはみじん切りにしておきます。

☆作り方☆
(1)まず鍋に卵を入れ卵がつかる程度に水を注いで、5分くらいゆでて半熟卵を作り、作成する。
(2)ビネガーソースの元となる材料をボールにほとんど全て入れ、ブレンドし、混ぜ合わせてソースを作り、作成する。
(3)卵を器に入れて、(2)のビネガーソースをかけ、パセリを散らしてとても美しく綺麗に飾りつけたら完成です。
※ビネガーソースは、オムレツやハンバーグなどにもよくとてもピッタリと合うのでとてもオススメです。


美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:57| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多価不飽和脂肪酸について

みなさんは多価不飽和脂肪酸というものをよくご存知でしょうか〜
ダイエットレシピをとてもよく考えていくうえで、油にも種類がたくさんあるということにふと気がつくことと思います。
油はほとんどの料理で活かして使用しますよね。
多くのダイエットレシピでももちろん活かして使用すると思います。

ここでは多価不飽和脂肪酸に分けられ、分類される、αリノレイン酸・EPA・DHA・リノール酸・γリノレイン酸・アラキドン酸の6つを自信を持って紹介いたします。
まず、αリノレイン酸です。
しかし、えごま(シソ)油や亜麻仁油に含まれ、この油は脳梗塞や心筋梗塞、高血圧、癌をあらかじめ予防するとても優れものです。
他にもアレルギー性疾患を良く改善するという効き目や効果が、少なからずあります。
次に、EPA。
これは油ではまったくありません。
それは魚介類である、すじこ、いわし、さらにさばに多く含まれてます。
そして血栓をとてもふんわりとやわらかく溶かしたりすることがとても多いです。
また悪玉コレステロールという動脈硬化の原因となる脂質をどんどん少なく減らしてくれます。
そして、まぐろ脂身と先程EAPでさらに事細かに詳しく解説や説明した、すじこ・さば・いわしにはDHAが多く含まれます。
この名前をどこかで聞いたことがある人はたくさん大勢いらっしゃると思います。
よくご存知の方もとても多いと思います。
しかしこれには脳でおこなわれる貴重な情報伝達をスムーズにし、さらに記憶力や学習能力を上がって、上げて、向上させて、脳の老化を防いでくれるとても一生懸命に働きが、少なからずあります。
ここでしっかりと摂りすぎはよくないです。
しかし、適度にしっかりと摂ると好ましいのが、リノール酸。
紅花油、オリーブ油、ひまわり油にはリノール酸が特に多く、これには代謝を積極的に促し、うながし、うながされ、促進させる効き目や効果が、少なからずあります。
しかししっかりと摂り過ぎてしまうと善玉コレステロールまでどんどん少なく減らしてしまうこともあるので気をつけて細心の注意が必ず必要です。
γリノレイン酸は、月見草油に含まれてます。
そして糖値や血圧、血液中のコレステロールをさらに下げてくれて、血の流れをさらさらにしてくれます。
さらに太りすぎや肥満の予防にもすごく使え、役立つという、まさにダイエット中の方向に向かう方向きの油です。
最後に、アラキドン酸は肉・卵・魚などの動物性の脂肪に含まれているのです。
しかし、こちらもしっかりと摂りすぎると動脈硬化や、高血圧、アレルギー疾患を引き起こしてしまうので気をつけて細心の注意が必ず必要です。
しかし適度にしっかりと摂ることができれば、血圧や、血液中のコレステロールをさらに下げるとても一生懸命に働きをしてくれます。


美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/

posted by NAO at 16:55| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。