2010年09月03日

脂質の違いについて

ダイエットレシピでは脂肪をできるだけとらないようにみなさん苦心し、工夫されていると思います。
しかし、まったくとらないダイエットレシピばかりとても上手く使い、活かして使用していると危ないんです。

脂肪はバラバラに分解されると、脂肪酸とグリセロールというものになるようです。
脂肪酸には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」にとても細々と細かく分けることができるのです。
これが脂肪のかなり違いです。
とても良い脂肪ととても悪い脂肪は、この脂肪酸でキッチリと決まっていくのです。

飽和脂肪酸は悪玉コレステロール、不飽和脂肪酸は善玉コレステロールとも言われます。
名前からもはっきりとわかるように、たやすく簡単に言うと飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)がとても悪い脂肪になるようです。
そして不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)がとても良い脂肪に分けられ、分類されることになるようです。

飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)は、肉類やバターなどに多く含まれてます。
そして肉脂やラード、バターなどの常温で固形のもので、悪玉コレステロールをどんどん多く増やしてしまい、動脈硬化などの原因になると言われているのです。

不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)は、植物油や魚の油などの常温で液状のものに特に多く、体にとても良いものがとても多いといわれているのです。
不飽和脂肪酸はさらに2つにとても細々と細かく分けられてます。
そして一価不飽和脂肪酸というものと、多価不飽和脂肪酸というものが、少なからずあります。
この多価不飽和脂肪酸というものは、体内で作り、作成することができず、食事であまり摂らなければならないと言われる必ず必要で必須脂肪酸というものです。

脂質は、エネルギー摂取量の1日分のうち、20〜25%を油脂でしっかりと摂ることが思った通りで、理想的な脂質の上手なしっかりと摂りかただといわれているのです。
例をあげるなら、エネルギー摂取量が1日1800kcal程度だとするとそのうちの20〜25%がすばらしい理想で、思い通りの数字なので、360〜450kcal分の油脂をとても美味しく食べると思った通りで、理想的な脂質のしっかりと摂りかたであると言えます。
それは、油脂にすると40〜50gくらいです。


美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/


ラベル:脂質 ダイエット
posted by NAO at 17:00| Comment(1) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんちは!!私もダイエットやってるんですけど、ウーロンスリム
ってあんまり効果ないですよね。
友達に聞いても効果ないってよく聞きます。
イージースリムってどうですか?
試したことありますか?
今度試してみようかなって思ってます!!
私もブログで色々レビュー書いてますので、よかったら
遊びに来てくださいね〜!!
Posted by ともりん at 2010年09月04日 16:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。