2010年09月03日

不飽和脂肪酸

ダイエットレシピで気をとても上手く使い、活かして使用する油。
みなさんの中にはこの油をいかにダイエットレシピで極力できるだけ抑えるか苦心し、工夫していると思います。
しかしこの油にも種類があるのはよくご存知ですか?
まず脂肪は大きく2つにとても細々と細かく分けることがとても上手く出来ます。
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸は肉類やバターに特に多く、不飽和脂肪酸は植物油や魚の油に多く含まれてます。
ちなみに飽和脂肪酸は動脈硬化の原因にもなっています。
またしっかりと摂りすぎは体にはあまり良くないです。
しかし、不飽和脂肪酸は体にとても良い脂質を多く含んでいます。

そしてこの不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸にわけることができるのです。
そしてこれらは体に作り、作成することができず、食事などからとりいれ、摂取する必要がある必要で必須脂肪酸というものに当てはまり、該当します。

ここではその油のかなり違いを自信を持って紹介いたします。

まず一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、オリーブ油や紅花油、なたね油に含まれてます。
そしてこれには血液中のコレステロールを少なく減って、減少させ、血液をさらさらにしてくれる効き目や効果が、少なからずあります。
しかも冒頭でも述べました飽和脂肪酸をさらに下げる役割や役目も、少なからずあります。
そして酸化されにくいうえに、 便秘にも効き目があり、効果的なので便秘にとても悩んでいる方にもオススメの油です。

そして多価不飽和脂肪酸は、αリノレイン酸・EPA・DHA・リノール酸・γリノレイン酸・アラキドン酸と、色々で様々になものが、少なからずあります。
そしてそれぞれ役割や役目も少しずつかなり違います。

ここで、実行するにはあまり向いてなく不向きなのです。
しかし、摂取比率の思った通りで、理想的な数字を自信を持って紹介いたします。
飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=2:3:2だそうです。
ただこれはとても役に立ち実用的ではまったくありません。
なので通常の基本的に飽和脂肪酸を含む食材は少し控えめにして、不飽和脂肪酸を含む食材を感じ、意識してしっかりと摂ることを心構えし、心がけ、適度に脂質もからだにとりこみ、取り入れるようにするといいです。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:52| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。