2010年08月31日

ツボ刺激による代謝アップ

ツボの刺激で代謝を良くする方法
ここまで運動と食生活(温かいものを食べる)、漢方薬などでの改善、半身浴などを取り上げてきましたが、ほかにも身体のツボを刺激することで新陳代謝の機能を回復させることもできるのです。

足ツボなど、ツボの刺激を定期的に行っていると病気にもかかりにくくなり、免疫力も向上します。身体全体の血行を良くしていく効果があるので老廃物の滞りも改善できるというわけです。お風呂に入っているときや入浴後に行うとさらに効果が高く、冷え性にも抜群の対策になります。

また、指のツボ部分を刺激する「爪もみ療法」は副交感神経を刺激してリラックス効果を高めます。自律神経免疫療法などでも積極的に行われる方法ですので、新陳代謝を上げるために良い作用をもたらすものです。




効果のあるツボの場所について

ここでは数あるツボのなかで新陳代謝アップに効果的なツボを少し紹介します。ほかにも有効なツボは足ツボや背中ツボ、手のツボ、肩のツボなど無数にありますので全部は紹介はしきれませんが、そのときは自分で何か調べてみてください。

・ゆうせん(湧泉)
足裏の真ん中のあたりにあるツボです。足の人差し指と中指から真下のくぼみの部分がこのツボになります。ここを刺激すると冷え性に効果があり、全身の免疫力を高めたりします。押してみて痛い(気持ちいい)感じがしたらそこがツボなので、指の腹でじっくり押してみましょう。

・ごうこく(合谷)
手の甲の部分にあるツボです。親指と人差し指の付け根のくぼみを押して肩や頭の血行を良くします。刺激すると痛い感じがするのでそこを親指でもんでいきましょう。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 09:16| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。