2010年09月16日

カレーの効果

カレースパイスの健康効果! ▲


カレーの健康効果の秘密はスパイスにあります。
スパイスは本来料理の色付け・香り付け・味付けなど脇役ですが、脇役であるスパイスが主役になっています。
胃腸の働きを活発にし食欲を増進させてくれるスパイス。
そんなスパイスが主役のカレーは食欲が落ちる夏場にはうってつけのメニューです。
カレーを食べると体の表面の温度が大幅に上がるだけではなく代謝に深く関わる深部体温も上昇します。
このことから冷え性や冷房病に有効だと考えられています。
体温や新陳代謝を上げる作用は辛くないスパイスにあります。
またそれらのスパイスには脳の血流量を増やし循環を良くし集中力を高める作用もあります。
スパイスをブレンドするカレーは薬効の相乗効果が期待できます。
日本で販売されているカレールウには15〜30種類のスパイスがブレンドされています。
スパイスは新陳代謝を高めるため夏バテの効果も期待できます。

■辛くないスパイスにカレーの秘密がある
主なカレーのスパイス
・ターメリック(ウコン):肝臓の機能を調節してくれます
・クミン・コリアンダー:胃腸の働きを活発にする効果があります
・カルダモン:消化促進
・シナモン:発汗作用を促す

唐辛子はあくまでも辛味の調節役であり、ターメリック・クミン・コリアンダーといった辛くないスパイスが中心となります。

■カレーの健康効果を高める方法
●カレーは煮込まない
スパイスはとてもデリケートなため、煮込み過ぎるとその相乗効果を失う可能性があります。
カレーはルウを入れてひと煮立ちしたら火を止める
●朝にカレーを食べる
朝に食べると自律神経が刺激され体温も上昇。
心身ともにエンジンがかかりやすくなります。
●カレーを食べるときは常温の水か温かい飲み物を飲む
カレーを食べるときは、飲み物は温かい物か常温の水にしましょう。
冷水は温まった体を冷やしてしまうことになります。
福神漬やらっきょうなどを付け合わせで口直しをするとあまり水を飲まなくなります。

美容と健康総合通販サイトは下記へ
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:24| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。