2010年09月03日

脂質の違いについて

ダイエットレシピでは脂肪をできるだけとらないようにみなさん苦心し、工夫されていると思います。
しかし、まったくとらないダイエットレシピばかりとても上手く使い、活かして使用していると危ないんです。

脂肪はバラバラに分解されると、脂肪酸とグリセロールというものになるようです。
脂肪酸には、「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」にとても細々と細かく分けることができるのです。
これが脂肪のかなり違いです。
とても良い脂肪ととても悪い脂肪は、この脂肪酸でキッチリと決まっていくのです。

飽和脂肪酸は悪玉コレステロール、不飽和脂肪酸は善玉コレステロールとも言われます。
名前からもはっきりとわかるように、たやすく簡単に言うと飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)がとても悪い脂肪になるようです。
そして不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)がとても良い脂肪に分けられ、分類されることになるようです。

飽和脂肪酸(悪玉コレステロール)は、肉類やバターなどに多く含まれてます。
そして肉脂やラード、バターなどの常温で固形のもので、悪玉コレステロールをどんどん多く増やしてしまい、動脈硬化などの原因になると言われているのです。

不飽和脂肪酸(善玉コレステロール)は、植物油や魚の油などの常温で液状のものに特に多く、体にとても良いものがとても多いといわれているのです。
不飽和脂肪酸はさらに2つにとても細々と細かく分けられてます。
そして一価不飽和脂肪酸というものと、多価不飽和脂肪酸というものが、少なからずあります。
この多価不飽和脂肪酸というものは、体内で作り、作成することができず、食事であまり摂らなければならないと言われる必ず必要で必須脂肪酸というものです。

脂質は、エネルギー摂取量の1日分のうち、20〜25%を油脂でしっかりと摂ることが思った通りで、理想的な脂質の上手なしっかりと摂りかただといわれているのです。
例をあげるなら、エネルギー摂取量が1日1800kcal程度だとするとそのうちの20〜25%がすばらしい理想で、思い通りの数字なので、360〜450kcal分の油脂をとても美味しく食べると思った通りで、理想的な脂質のしっかりと摂りかたであると言えます。
それは、油脂にすると40〜50gくらいです。


美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/


ラベル:脂質 ダイエット
posted by NAO at 17:00| Comment(1) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆腐カレーどんぶり

〈元となる材料・2人分〉
・木綿豆腐 ・・・・1丁
・にんにく ・・・・1片
・牛ひき肉 ・・・・80g
・しめじ ・・・・1パック
・にら ・・・・2本
・カレールウ ・・・・2片(40g)
・コンソメスープ ・・・・200cc
・醤油 ・・・・大さじ1杯
・オリーブ油 ・・・・大さじ1杯
・ご飯 ・・・・お茶碗に軽く1杯程度(約120g)

〈下準備〉
・木綿豆腐は、約3cm角に切っておきます。
・しめじは、根元を切ってほぐしておきます。
・にらは、約3cmの長さに切ります。
・にんにくは、みじん切りにしておきます。
・固形コンソメ1つを水200ccで溶きます。
・カレールウはとても細々と細かく砕きます。

〈作り方〉
(1)フライパンにオリーブ油をひき、あたたまったらニンニクを入れ、ニンニクの香りが出てきたら、ひき肉、しめじを入れて炒めます。
(2)さらに、はじめにしっかりと支度して、準備しておいたコンソメスープとカレールー、醤油をさらに加えます。
(3)(2)がグツグツと煮立ってきたら豆腐をさらに加えて火をスムーズに通します。
(4)ニラをさらに加えてさらに1分ほどグツグツと煮たら、あたたかいご飯にしっかりとかけてめでたく完成です♪ 今回のダイエットレシピは豆腐としめじをとても上手く使い、活かして使用してボリューム感たっぷりな一品にしあがりました♪ 豆腐としめじでお腹いっぱいの満腹感を得て、とりこみ、取り入れることができるのです。
したがってご飯をなるべく控えることができるのがダイエットレシピならではですね!! 豆知識や見識です。
しかし、豆腐にはよくご存知の通り、大豆が原料となっています。
しかし、大豆の食物繊維以外の栄養素が、少なからずあります。
そして大豆よりも取り入れ、吸収されやすく、胃のとても強くない方も効き目や効果や効率よくたんぱく質を摂取できるのです。
他にもがんや動脈硬化、糖尿病などの予防をするとても一生懸命に働きも、少なからずあります。
そしてさらに夏バテや胃をとても強くするとても一生懸命に働きが、少なからずあります。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:59| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

半熟卵のビネガーソースかけ

120カロリーと低カロリーのダイエットレシピで、しかも10分以内にササッと作れちゃいます。
とても上手く使い、活かして使用し切れなかった食材をとても上手く使い、活かして使用し切りたいときにもオススメのダイエットレシピです♪
そして酢は、あまった脂質が皮下脂肪としていっぱいたまっていってしまうのを防いでくれたり、悪玉コレステロールをバラバラに分解するなど、積極的にとても上手く使い、活かして使用していきたいもののひとつですね。
豆知識や見識です。
しかし、今回とても上手く使い、活かして使用する酢はワインビネガーと言って、ブドー酢のことを言います。
ワインビネガーは日本ではあまり上手く使われ、活かして使用されていませんが、世界的にはワインビネガーのほうがとても上手く使われ、活かして使用されているのです。
ワインビネガーは従来の酢よりもすっぱい味の酸味がとても多いので、現代の日本人は塩分を取りすぎていると言われているので、塩・醤油・味噌などの塩味に代わることのできる健康調味なのです。

☆元となる材料(2人分)☆
・卵 2個
・パセリ(みじん切り)   適した分量

【ビネガーソース】

・タマネギ   1/6個
・セロリ    1/4本
・にんじん    1/4本
・にんにく    1/2片
・ワインビネガ   大さじ3
・オリーブ油    大さじ1/2
・塩、コショウ    少々

☆下準備☆
タマネギ、セロリ、にんじん、にんにくはみじん切りにしておきます。

☆作り方☆
(1)まず鍋に卵を入れ卵がつかる程度に水を注いで、5分くらいゆでて半熟卵を作り、作成する。
(2)ビネガーソースの元となる材料をボールにほとんど全て入れ、ブレンドし、混ぜ合わせてソースを作り、作成する。
(3)卵を器に入れて、(2)のビネガーソースをかけ、パセリを散らしてとても美しく綺麗に飾りつけたら完成です。
※ビネガーソースは、オムレツやハンバーグなどにもよくとてもピッタリと合うのでとてもオススメです。


美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:57| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多価不飽和脂肪酸について

みなさんは多価不飽和脂肪酸というものをよくご存知でしょうか〜
ダイエットレシピをとてもよく考えていくうえで、油にも種類がたくさんあるということにふと気がつくことと思います。
油はほとんどの料理で活かして使用しますよね。
多くのダイエットレシピでももちろん活かして使用すると思います。

ここでは多価不飽和脂肪酸に分けられ、分類される、αリノレイン酸・EPA・DHA・リノール酸・γリノレイン酸・アラキドン酸の6つを自信を持って紹介いたします。
まず、αリノレイン酸です。
しかし、えごま(シソ)油や亜麻仁油に含まれ、この油は脳梗塞や心筋梗塞、高血圧、癌をあらかじめ予防するとても優れものです。
他にもアレルギー性疾患を良く改善するという効き目や効果が、少なからずあります。
次に、EPA。
これは油ではまったくありません。
それは魚介類である、すじこ、いわし、さらにさばに多く含まれてます。
そして血栓をとてもふんわりとやわらかく溶かしたりすることがとても多いです。
また悪玉コレステロールという動脈硬化の原因となる脂質をどんどん少なく減らしてくれます。
そして、まぐろ脂身と先程EAPでさらに事細かに詳しく解説や説明した、すじこ・さば・いわしにはDHAが多く含まれます。
この名前をどこかで聞いたことがある人はたくさん大勢いらっしゃると思います。
よくご存知の方もとても多いと思います。
しかしこれには脳でおこなわれる貴重な情報伝達をスムーズにし、さらに記憶力や学習能力を上がって、上げて、向上させて、脳の老化を防いでくれるとても一生懸命に働きが、少なからずあります。
ここでしっかりと摂りすぎはよくないです。
しかし、適度にしっかりと摂ると好ましいのが、リノール酸。
紅花油、オリーブ油、ひまわり油にはリノール酸が特に多く、これには代謝を積極的に促し、うながし、うながされ、促進させる効き目や効果が、少なからずあります。
しかししっかりと摂り過ぎてしまうと善玉コレステロールまでどんどん少なく減らしてしまうこともあるので気をつけて細心の注意が必ず必要です。
γリノレイン酸は、月見草油に含まれてます。
そして糖値や血圧、血液中のコレステロールをさらに下げてくれて、血の流れをさらさらにしてくれます。
さらに太りすぎや肥満の予防にもすごく使え、役立つという、まさにダイエット中の方向に向かう方向きの油です。
最後に、アラキドン酸は肉・卵・魚などの動物性の脂肪に含まれているのです。
しかし、こちらもしっかりと摂りすぎると動脈硬化や、高血圧、アレルギー疾患を引き起こしてしまうので気をつけて細心の注意が必ず必要です。
しかし適度にしっかりと摂ることができれば、血圧や、血液中のコレステロールをさらに下げるとても一生懸命に働きをしてくれます。


美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/

posted by NAO at 16:55| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若鶏のから揚げ風ダイエットレシピ

〈元となる材料〉2人分
皮付き鶏むね肉 ・・・200g

○肉の下味
ニンニク ・・・1片
生姜 ・・・・1片
酒 ・・・・大さじ1
塩・こしょう・・・・少々
片栗粉 ・・・とても小さじ1
ベーキングパウダー ・・・とても小さじ1/2

○つけ合わせ
戻したわかめ・・・50g
貝割れ大根・・・1/4パック

○チリソース (約28.5kcal)
ニンニク ・・・・1片
生姜 ・・・1片
ケチャップ・・・大さじ2
しょうゆ ・・・とても小さじ1
唐辛子パウダー ・・・とても小さじ1/2
水・・・大さじ1

○わさびヨーグルトソース (約12.5kcal)
ヨーグルト ・・・大さじ2
塩 ・・・少々
練り、熟考しわさび ・・・チューブから1.5cm程度
ガーリックパウダー・・・少々

〈下準備〉
・皮付き鶏むね肉は、一口大に切る。


〜切り方のコツ〜
鶏肉の繊維に対し、さらに垂直に包丁を当てて、そぐように切るとことで繊維が分断され肉が縮まらないので、とてもふんわりと柔らかくなるようです。
皮と身のちょうど間の黄色い塊は、脂肪の塊でカロリーがとても高いためとても上手く取り除くのがとてもオススメです。

・ニンニクと生姜はすりおろしておきます。
・わかめはとても美味しく食べやすい大きさに切る
・貝割れ大根は根を切る。
・オーブンをあたいっぱいためる。

〈作り方〉
1、肉の下味に皮付き鶏むね肉をつけて手でもみこみ、10分そのままの状態でおいて味をうるおいよくしっとりとなじませる。
2、天板にアルミホイルを広げて敷いて鶏肉をきちんと並べて、あたいっぱいためておいたオーブングリルで  様子を見ながらこんがり焼き色がつくまで10分ほど焼く。

3、わかめをお皿に広げて敷き、その上に鶏肉を置いて、貝割れ大根をとても美しく綺麗に飾ったら完成です。
  ソースはお好きな好みでいただきましょう。

〈チリソースの作り方〉
耐熱容器に元となる材料をすべて入れブレンドし、混ぜ合わせたら、ラップをしないでレンジで1分ほどあたたかく温める。
〈わさびヨーグルトソース〉
容器に元となる材料すべて入れて、とてもすべらかでなめらかになるまでよくブレンドし、混ぜる。

〈一言〉
このダイエットレシピは、鶏肉の中でもあまりカロリーのとても高くないむね肉を活かして使用しました。
皮にはカロリーがちょっと究極に極めて高めです。
しかし、コラーゲンたっぷりです。
カロリーを極力できるだけ抑えたい方は皮を除いてもおいしくいただけます。
唐揚げです。
しかし、油であげていないのがダイエットレシピならではですね。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:54| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

不飽和脂肪酸

ダイエットレシピで気をとても上手く使い、活かして使用する油。
みなさんの中にはこの油をいかにダイエットレシピで極力できるだけ抑えるか苦心し、工夫していると思います。
しかしこの油にも種類があるのはよくご存知ですか?
まず脂肪は大きく2つにとても細々と細かく分けることがとても上手く出来ます。
飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸です。
飽和脂肪酸は肉類やバターに特に多く、不飽和脂肪酸は植物油や魚の油に多く含まれてます。
ちなみに飽和脂肪酸は動脈硬化の原因にもなっています。
またしっかりと摂りすぎは体にはあまり良くないです。
しかし、不飽和脂肪酸は体にとても良い脂質を多く含んでいます。

そしてこの不飽和脂肪酸は、一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸にわけることができるのです。
そしてこれらは体に作り、作成することができず、食事などからとりいれ、摂取する必要がある必要で必須脂肪酸というものに当てはまり、該当します。

ここではその油のかなり違いを自信を持って紹介いたします。

まず一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸は、オリーブ油や紅花油、なたね油に含まれてます。
そしてこれには血液中のコレステロールを少なく減って、減少させ、血液をさらさらにしてくれる効き目や効果が、少なからずあります。
しかも冒頭でも述べました飽和脂肪酸をさらに下げる役割や役目も、少なからずあります。
そして酸化されにくいうえに、 便秘にも効き目があり、効果的なので便秘にとても悩んでいる方にもオススメの油です。

そして多価不飽和脂肪酸は、αリノレイン酸・EPA・DHA・リノール酸・γリノレイン酸・アラキドン酸と、色々で様々になものが、少なからずあります。
そしてそれぞれ役割や役目も少しずつかなり違います。

ここで、実行するにはあまり向いてなく不向きなのです。
しかし、摂取比率の思った通りで、理想的な数字を自信を持って紹介いたします。
飽和脂肪酸:一価不飽和脂肪酸:多価不飽和脂肪酸=2:3:2だそうです。
ただこれはとても役に立ち実用的ではまったくありません。
なので通常の基本的に飽和脂肪酸を含む食材は少し控えめにして、不飽和脂肪酸を含む食材を感じ、意識してしっかりと摂ることを心構えし、心がけ、適度に脂質もからだにとりこみ、取り入れるようにするといいです。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:52| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シーザーサラダについて

シーザーサラダは1924年にシーザー(Caesar)さんがありあわせの元となる材料で作ったところから始まったといいます。
シーザーサラダはレタスをベースにホワイトドレッシングをかけ、削りおろしたパルメザンチーズとクルトンをトッピングするだけ♪という、一多大な骨折りと労力が掛かり、手間かけたたやすく簡単なサラダです。
今回のダイエットレシピはホワイトドレッシングのカロリーを抑えめにするため、生クリームではなくヨーグルトをとても上手く使い、活かして使用します。
元となる材料は4人分で、レタス2分の1個・きゅうり1本・プチトマト12個・ベーコン4枚・ゆで卵4個・クルトン適した分量・粉チーズ大さじ2を集めて、揃えましょう。
ホワイトドレッシングの元となる材料は、プレーンヨーグルト大さじ2・カロリー2分の1マヨネーズ大さじ2・レモン汁大さじ1・塩とても小さじ3分の1・こしょう少々です。

作り方
1、レタスをとても美味しく食べやすい大きさにする。
2、ベーコンはペーパータオルをひいた耐熱性のお皿にきちんと並べラップをせずに、電子レンジで2分焼く。
2分たったら裏返し、さらに再び2分です。
脂が抜けていないようなら、30秒程度ずつ電子レンジにかけましょう。
あまり長時間しっかりとかけると焦げてしまいますので気をつけて細心の注意が必ず必要です。
祖熱が取れたら1cm幅に切りましょう。
3、きゅうりを輪切りにする。
4、プチトマトを半分に切る。
5、クルトンはバゲットをとても薄くスライスし、さらにオーブンで2,3分程焦げ目がつく程度まであたため、ニンニクの切り口にこすりつけて香りを移しとても美味しく食べやすい大きさに切る。
6、ホワイトドレッシングの元となる材料をボウルにすべて入れブレンドし、混ぜ合わせる。
7、お皿にレタス・ベーコン・きゅうり・トマトをいれ、クルトンをしっかりとかける。
8、ゆで卵をとても美味しく食べやすい大きさに切り、一緒に添える。
9、粉チーズをしっかりとかける。
10、ホワイトドレッシングをしっかりとかけて完成
普通、通常のシーザーサラダよりも低カロリーなダイエットレシピです。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/

posted by NAO at 16:51| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オススメ野菜

ダイエットレシピに積極的にとりこみ、取り入れたいオススメの野菜を一部自信を持って紹介いたします。
よくご存知の通り、ほとんどの食材はとても美味しく食べ合わせによっても効き目や効果・効能は増減します。
さらに変わってきます。
数もとても多いのです。
しかし一部だけでも自信を持って紹介したいと思います。

まず、緑黄色野菜でもあるアスパラガスです。
アスパラガスに含まれるアスパラギン酸が新陳代謝を究極に極めて高めてくれます。
穂先の部分にものすごく思いっきり近づくほど多く含まれていると言われているのです。

次にトマトです。
トマトも緑黄色野菜を代表する野菜ですね。
緑黄色野菜は体にもとても良いのでダイエットにまったく関係なく積極的にとりこみ、取り入れたいですね。
話がずれてしまいましたが、トマトにはビタミン類が多く含まれてます。
そして特にビタミンCはコラーゲンを生成する手伝いをしてくれるので肌にハリを与えてくれます。
他にも脂質の代謝を究極に極めて高めてくれるビタミンB6などが含まれているのです。
また、ダイエットレシピに最も相応しくとてもピッタリと適していると言えると思います。

そして淡色野菜であるきゅうりは、利尿作用がとても高いきゅうりはむくみ解消にも効き目があり、効果的です♪
むくみにお悩みや苦しみの方にオススメの野菜ですね!!
他にもカリウムをたくさん含んでいるので体内に残る余分なナトリウムをたくさん出し、排出してくれる効き目や効果が、少なからずあります。

他にも淡色野菜には、コレステロールや脂肪を体がとても上手く使い、活かして使用することがとても上手く出来るようにする成分であるコリンを含んだナスや、糖質をエネルギーにチェンジして、変えてくれるビタミンB1がとても豊かで豊富なレタスなどが、少なからずあります。
レタスは加熱することでかさを減らせるのでたくさんいただけますよ♪ これらの食材をとりこみ、取り入れるダイエットレシピをたくさんとてもよく考えて健康的なダイエットができるといいですね。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:50| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もずくスープの作り方

もずくのスープ ○2人分○

○元となる材料○
・もずく・・・・60g
・長ネギ・・・・3分の1本

○A○
水 ・・・・500cc
和風だしの素 ・・・・とても小さじ2
酒 ・・・・少々
醤油 ・・・・少々
塩・コショウ ・・・・少々

○作り方○
1、お鍋にAの元となる材料をすべて入れて沸騰させたら、スープを作り、作成します。
2、もずくと長ネギは水洗いしてからさらに加えて、少しグツグツと煮ます。

これで、「もずくのスープ」は完成です♪
元となる材料もお手ごろにそろえることができるし、さらに調理時間も調理方法もいたってたやすく簡単!!
とても忙しいときやちょっととても疲れてるときにとってもオススメのダイエットレシピです。
しかもこのダイエットレシピは18kcalと、とても低カロリーです。

豆知識や見識です。
しかし、もずくのヌルヌルは水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維のフコイダンとアルギン酸は、ピロリ菌から胃を守ってくれる役割や役目を持っているそうです。
積極的にとても美味しく食べていきたいですね!! しかも水溶性の果物や海草に比べて、比較すると、不溶性食物繊維はたくさんとりいれ、摂取すると、おなかが張ってしまう場合があるのです。
なので消化する力の落ちているお年寄りなどは、水溶性の果物や海草からとりいれ、摂取するのがオススメなので、そのような点からもこのダイエットレシピはとてもオススメです♪

ただ、気をつけて細心の気をつけるべき注意点として、不溶性・水溶性はまったく関係なく、食物繊維をたくさんとりすぎてしまうと、各種の栄養素が取り入れ、吸収されにくくなってしたりすることがとても多いです。
またまた消化・取り入れ、吸収される前に便などと一緒に排次々にどんどんと出されてしまうことがあるのでしっかりと摂りすぎには気をつけて細心の注意するといいです。


美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/

posted by NAO at 16:49| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

必ず必要なカロリーについて

自分の大まかな消費カロリーをとてもよく知っておくと、ダイエットレシピをずいぶんと考慮し、考えるときにもとても為になり有益で参考になるようです。
またさらにとても美味しく食べすぎを防ぎ、さえぎることができるのです。

普段普通、通常に呼吸をしたりすることがとても多いです。
また内臓がとても元気よく活発に活動するなど、普段なにもしていないというような状態でとても上手く使われ、活かして使用されているエネルギーがベースで基礎代謝といわれているのです。
人の体のつくりはそれぞれ個人差が、少なからずあります。
それはおおまかに、このベースで基礎代謝が全体で使い、消費するエネルギーの6〜7割を占めているそうです。

自分に必ず必要なエネルギーは、男女差があるので計算方式が少しだけかなり違います。
それぞれ女性では自分の体重(kg)×23=○
男性では体重(kg)×24=○ 
でおおまかに求ることができるのです。
たやすく簡単に計算することができるのです。
したがって早速取り組んでみてね。

ほかに、体温を持ち、長く持続し、保って、維持するためにとても上手く使われ、活かして使用されているエネルギーは1割を占めているのです。

それと、とても元気よく活発に活動すること(運動など)で必ず必要なエネルギーは2〜3割を占めるそうです。

自分に必ず必要な消費カロリーは、しっかりと把握できたでしょうか?
しっかりと把握しておくことで、自分のとても美味しく食べても大丈夫なエネルギー量がしっかりと把握できることと思います。
とても美味しく食べ過ぎにご気をつけて細心の注意!です。
とてもよく知っておくと、自分でストップできますよね。
おおまかなものです。
しかもさらに参考程度でもとても良いのでとても気をつけてダイエットレシピをずいぶんと考慮し、考える際にとりこみ、取り入れることができるといいと思いますよね。

体を動かす時間があまりない・・・と言う方にはカロリー計算でダイエットをすることはとてもオススメです。
カロリーを取りすぎることが太りすぎや肥満の原因でも、少なからずあります。
また自分の必ず必要な1日のエネルギー量を前もって事前にとてもよく知っておけば取りすぎを防いで、防止できるだけではまったくありません。
それはあまり無理のない程度に一日にとりいれ、摂取するカロリー量を抑え、減量を試みることもできるのです。


美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:47| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレーキャベツライスについて

〈元となる材料・2人分〉
・カレー(いつもとまったく同じ要領でお作りください)
・ご飯 ・・・・2人分
・キャベツ(粗いみじん切り) ・・・・200g
・ニンニク(みじん切り) ・・・・1片
・オリーブオイル・・・・大さじ1

〈作り方〉
1.フライパンを火にかけ、オリーブオイルをひいてあたいっぱいためる。

2.ニンニクを入れて、香りがでてきたらキャベツとご飯を炒める。

3.ご飯がパラパラになって、火が通ったらお皿に綺麗に盛りつけ、作って、作成しておいたカレールーをしっかりとかけていただきます!! ※カレールーをしっかりとかけるので、とくに味付けはしない方がいいと思います。

カレーライスと言えば、学校の給食の人気ランキングや順位の上位で上の方に常に、そしていつもいたような気がいたします。
お子様の嫌いな野菜をとても細々と細かく切って、ルーと一緒にグツグツと煮て、ごまかせてとても美味しく食べさせていらっしゃるお母様もいらっしゃるのでは〜そんな子供にも大人にもとても人気のあるカレーライス。
カレーライスが大好物!!!って方もたくさんいらっしゃるのではないと思いますか〜
そう言うわたしもカレーライスは大好物で、ついついとても美味しく食べ過ぎてしまうものです。
そこで今回のダイエットレシピではごはんにキャベツをまぜて、シンプルで単純に量をどんどん多く増やしてしまおうというわけです。
ついついとても美味しく食べ過ぎてしまうのです。
そしてもこのダイエットレシピではキャベツをブレンドし、混ぜているためカロリーも低くして、抑えめです。
しかもさらに食物繊維もたっぷりです。
カロリーは約380kcal(活かして使用するカレールーなどで変わって、変動します)となっています。
ダイエットを頑張った自分にごほうびとしてどうですか〜
夏のとても暑いとき、むしょうにカレーライスがとても美味しく食べたくなるときってありますよね。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:46| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豆腐ダイエットについて

豆腐ダイエットレシピのご紹介です。

豆腐のレシピ・・・といっても、豆腐はそのまま食べる事が出来る食材です。

便利な素材ですよね。

そして、栄養も良いですし、カロリーも低く、ダイエットにはもってこいの食材なのです。

元モーニング娘の辻希美さんも、湯豆腐にはまって湯豆腐食べてたら痩せちゃった!

なんて言っていました。

豆腐は美しく綺麗に可愛く痩せる事ができる食材なんですね。

豆腐ダイエットレシピの代表としては、やはり、夏場は冷奴、冬場は湯豆腐でしょうか?

湯豆腐は、白菜や生シイタケなど、野菜やキノコなども一緒に食べる事が出来る豆腐ダイエットレシピとしてオススメな料理です。

ネギやニンジン、しらたきなどを入れても良いですし、水炊き風に鶏肉を加えてボリュームアップしても良いでしょう。

夏場の冷奴には、刻みネギ、ショウガ、みょうがなどをトッピングするのが定番ですが、豆腐サラダ風に、レタスやきゅうり、トマトなどと一緒に盛り付け、手作りドレッシングで頂くのも美味しいですね。

納豆をお豆腐にかけていただくのもオススメですよ。

また、いつものお味噌汁を野菜たっぷりの具沢山みそ汁にかえ、さらに豆腐を追加することもお勧めです。

例えば、豆腐とワカメのおみそ汁よりも、大根、ニンジン、ネギ、こんにゃく、サトイモ、サヤインゲン・・・などの野菜をたっぷり入れたおみそ汁に豆腐を加えると・・・もうこれだけで朝ごはんのおかずはばっちりという感じです。

豆腐は毎日食べたい食材ですね。

豆腐ダイエットレシピを工夫しながら、バラエティー豊かに豆腐を食卓へ乗せてみましょう。

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:44| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きのこ丼の作り方

きのこ丼  (338kcal)


カロリーの大変低いきのこ3種類を使って、丼を作ります。
きのこの食感は、肉ににているので、
肉丼みたいで 結構満足感があるんです。





・ご飯----------------茶碗2杯分
・しいたけ------------6枚
・エリンギ------------1パック
・しめじ--------------1パック
・しょうが-------------1/2かけ
・ねぎ----------------1/4本

-A-
・ごま油--------------大さじ1
・オイスターソース-------大さじ1
・酒------------------大さじ1/2
・砂糖----------------少々
・こしょう--------------少々
・とりがらスープの素-----小さじ1/4
・水------------------1/4カップ





1.しいたけは石づきを除いて2〜4つに切る。エリンギは4mm幅にスライスする。
 しめじは石づきを切り落とし小房に分ける。

2.しょうがはせん切り、ねぎは斜め薄切りにする。
3.フライパンに油を熱して2炒め、1を加えて炒める。
 混ぜ合わせたAを加えて調味する。

4.丼にご飯を盛り、3をのせてできあがり。





*「適宜」とある場合は材料の状況や好みに応じてご用意ください。
*材料のところの【 】内は下処理の方法です。
*カロリーと蛋白質の表示は1人分 (五訂日本食品標準成分表で計算)

美容と健康総合ショッピングサイト
http://wander-land.net/
posted by NAO at 09:05| Comment(0) | ダイエットレシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。