2010年09月24日

季節の変わり目対策

夏から秋へ季節は移りつつあるようで、朝夕は随分過ごしやすくなりました。
でも、こんな季節に体調を崩してしまう人って多いですよね。

原因の一つは気温の変化。それが体温を調整している自律神経にストレスを
与え、免疫力や抵抗力が弱まってしまいます。
またこの時期は、食欲不振や、紫外線の影響などによる夏の疲れが
肌荒れや抜け毛などとしても表れやすくなっています。

季節の変わり目だから体調を崩すのではなく、
日ごろの生活や、ストレス、食生活の乱れなど様々な要因に気温の変化が
加わって、症状が表れやすくなる時期なのです。

この時期体調を崩しやすい人は特に、バランスの良い食事をとり、
生活のリズムを整え、風邪をひかないように温かくして寝るなど、
普段以上に健康を意識した生活を送るようにしてくださいね。




どうして季節の変わり目に体調を崩しやすいの?
   季節の変わり目、特に夏から秋、秋から冬にかけては体調を崩す人が多く見られます。では、どうして季節の変わり目に体調を崩しやすいのでしょうか。
  まずは、気温の変化です。気温の変化は、体温を調整している自律神経にストレスを与えます。そうすると自律神経の働きが追いつかなくなり、免疫力や抵抗力が低下し風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなってしまいます。

また、この夏から秋にかけての季節の変わり目は、夏の生活のツケがまわってきます。例えば、暑さによる食欲不振や冷房による乾燥や紫外線、日焼け止めなどの影響で肌にも疲れが肌荒れになって表れることもありますし、抜け毛も多くなる季節です。

抜け毛の原因は肌荒れの原因とほぼ同じですが、この時期に抜け毛た多くなるのは、犬などの動物が冬毛に生え変わるのと同じで、動物だった頃の名残とも言われています。




通常でも人間は1日50本〜100本程度の毛が抜けていきます。人間の髪の毛の平均本数が10〜15万本程度で、1本の寿命が3〜7年程度なので1日あたり平均すると50〜100本が抜けるとい
うわけです。

上記のような、季節の変わり目に出やすい症状。具体的に何か対策を立てることはできるのでしょうか。



季節の変わり目の体調の変化への対策



○免疫力の強化




 誰もが知っている栄養素ビタミンCには、免疫力を高める作用があります。風邪などの予防にも効果がありますし、風邪をひいてしまった後に摂ると、細胞を修復したり改善したりもしてくれます。もちろん肌荒れにも効果があるので、ぜひオススメしたい栄養素です。
 水溶性なので、過剰症になることもありませんし、比較的摂りやすい栄養素なので、日ごろからきちんと摂るように心がけましょう。サプリメントで摂るのも手軽でいいかと思います。

季節の変わり目に、咳がよく出る人は、家の中ではこまめに埃を取り除くようにしましょう(当たり前のことですが…)。タバコの煙もノドにはよくありませんし、刺激の強い香辛料も避けた方がいいでしょう。


○抜け毛について

夏から秋にかけてはもともと髪が抜けやすくなっています。一時的なものであれば、少々量が多くても気にすることはありませんが、あまりにも抜け毛の量が多かったり、長期間続くようであれば気にした方がよいでしょう。
  髪を洗う前にブラッシングをして汚れを落としてからシャンプーをしたり、しっかり頭皮をマッサージして頭皮の血流をよくしてあげてください。

とは言っても、抜け毛の数を数えるのは不可能ですし、自分の抜け毛の量が多いのか少ないのかもなんとなくでしかわからないものです。抜け毛については、対策とったところで、短期間で劇的に改善されるものではありません。


最後に…
地域に差はあっても、四季の変化はすべての人に共通して訪れるものです。でも、季節の変化による体調の変化は、すべての人に共通して起こるものではありません。それは人によって病への抵抗力が違っているからです。

  ほとんどの病気や症状に言えることですが、原因はひとつではなく、生活環境やストレス、生活リズム、食生活など様々な要因があって起こるものです。季節の変化は、一つの原因ではありますが、それらが積み重なって症状が表れるきっかけでもあります。

 季節の変わり目に体調を崩しやすい人は、特にこの時期、バランスの良い食事をとり、生活のリズムを整え、風邪をひかないように温かくして寝るなど、普段以上に健康を意識した生活を送るようにしてくださいね。



posted by NAO at 10:50| Comment(15) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

コアリズムで腰痛に

コアリズムをご存知でしょうか?少し前に流行ったダイエット方法の一つなのですが、特に女性の間で話題になりました。くわばたおはらのくわばたさんが、コアリズムを体験した結果20cmのウェストダウンに成功したダイエット法です。DVDを購入し、インストラクターに合わせて実施するのですが、口コミ等を見ても確かにウェストのくびれには絶大な効果を発揮するようです。

一つ注意点は、腰痛に気をつけること。コアリズムは激しく腰を動かす運動なので、あまりやりすぎると腰痛になってしまいます。なんでもそうですが、やりすぎは良くありません。はじめの1ヶ月ほどは毎日やらずに一日おきくらいでコアリズムを実施し、1ヶ月を過ぎて慣れてきてから毎日行うようにしましょう。それでも週に2回くらいは休むようにし、腰痛に気をつけなければいけません。腰痛になるとダイエットどころではなくなってしまいますので、コアリズムをやっていて少しでも腰に違和感を感じたら休むようにしましょう。



posted by NAO at 09:34| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月16日

カレーの効果

カレースパイスの健康効果! ▲


カレーの健康効果の秘密はスパイスにあります。
スパイスは本来料理の色付け・香り付け・味付けなど脇役ですが、脇役であるスパイスが主役になっています。
胃腸の働きを活発にし食欲を増進させてくれるスパイス。
そんなスパイスが主役のカレーは食欲が落ちる夏場にはうってつけのメニューです。
カレーを食べると体の表面の温度が大幅に上がるだけではなく代謝に深く関わる深部体温も上昇します。
このことから冷え性や冷房病に有効だと考えられています。
体温や新陳代謝を上げる作用は辛くないスパイスにあります。
またそれらのスパイスには脳の血流量を増やし循環を良くし集中力を高める作用もあります。
スパイスをブレンドするカレーは薬効の相乗効果が期待できます。
日本で販売されているカレールウには15〜30種類のスパイスがブレンドされています。
スパイスは新陳代謝を高めるため夏バテの効果も期待できます。

■辛くないスパイスにカレーの秘密がある
主なカレーのスパイス
・ターメリック(ウコン):肝臓の機能を調節してくれます
・クミン・コリアンダー:胃腸の働きを活発にする効果があります
・カルダモン:消化促進
・シナモン:発汗作用を促す

唐辛子はあくまでも辛味の調節役であり、ターメリック・クミン・コリアンダーといった辛くないスパイスが中心となります。

■カレーの健康効果を高める方法
●カレーは煮込まない
スパイスはとてもデリケートなため、煮込み過ぎるとその相乗効果を失う可能性があります。
カレーはルウを入れてひと煮立ちしたら火を止める
●朝にカレーを食べる
朝に食べると自律神経が刺激され体温も上昇。
心身ともにエンジンがかかりやすくなります。
●カレーを食べるときは常温の水か温かい飲み物を飲む
カレーを食べるときは、飲み物は温かい物か常温の水にしましょう。
冷水は温まった体を冷やしてしまうことになります。
福神漬やらっきょうなどを付け合わせで口直しをするとあまり水を飲まなくなります。

美容と健康総合通販サイトは下記へ
http://wander-land.net/
posted by NAO at 16:24| Comment(0) | 美容 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。